2018年10月29日

住環境に対する配慮

住環境に対する配慮

アーキテクチュラルガイドラインによる住宅地開発 一口に街並みの形成といっても、同じゾーンに、規制のないまま、考え方の異なるビルダーがそれぞれ建設を始めると、無秩序に住宅が建て詰まり、団地が成熟するどころか景観が悪くなる。 これまでの分譲宅地は建築が進むほど、住民自身が無秩序な街並みは当然と諦め、一層自分の住宅だが目立つように造るため、若い人たちが住みたい住環境ではなくなってしまう。



Posted by 元田 ひな at 10:43│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。