2018年11月17日

優勝劣敗の時代

◆住宅企業は優勝劣敗の時代。1970年代から産業の形態を築き上げ、一貫して成長路線を歩んできた住宅業界は、この間に年商1兆円企業を輩出、世界に例のない年販1万棟企業を何社も産むなどの活気を見せてきました。しかし、虹世紀の声を聞いた頃から成長の速度が鈍り、企業間競争が一段と激化し始める状況となってきました。その背景には、https://lexingtoncraftbeerfestival.com/victory/
  


Posted by 元田 ひな at 14:22Comments(0)

2018年11月16日

分譲会社の役割

分譲会社のA不動産といえば大きくて一流だから、そこからマンションを買えば安心だ。A不動産がマンションの面倒を一生みてくれるのだろう。……マンションの管理は分譲会社の役割ではないの?分譲会社の役割
  


Posted by 元田 ひな at 16:22Comments(0)

2018年11月16日

男性が家を新築する際に、一番欲しい部

男性が家を新築する際に、一番欲しい部屋は「書斎」なのだそうです。 でも実際に書斎を つくって住んでみると、あれだけ書斎を欲しがっていたのに、結局書斎で何もする事が なく、最後はただのガラクタ置き場になってしまったとのこと。 だから、夫の夢だった書斎 ...https://joint-house.club
  


Posted by 元田 ひな at 13:59Comments(0)

2018年11月15日

物件を取得してから一定期間保有した後

物件を取得してから一定期間保有した後、売却することを「出口戦略」といいます。出口戦略についても、プロジェクトをスタートさせる段階で、しっかりと考えておく必要があります。それによって、融資を受ける際の金利の選び方が変わってくるからです。賃貸型マンション投資における利益は、物件の利回りと、融資を受けた金融機関に支払う金利のhttps://fdir.org/capital-gain/
  


Posted by 元田 ひな at 15:26Comments(0)

2018年11月14日

捨てぬ工夫で儲ける「くら寿司」 http://news.li

捨てぬ工夫で儲ける「くら寿司」
http://news.livedoor.com/topics/detail/15590982/
  


Posted by 元田 ひな at 21:34Comments(0)

2018年11月14日

業者の不測の事態に備えて新築マンショ

業者の不測の事態に備えて新築マンションの分譲では、いわゆる青田売りがほとんどですが、もしマンションの完成・引渡し前に業者が倒産するようなことがあれば問題です。すでに支払った手付金や内金は返してもらえず、しかも物件の引渡しも受けられない、といった事態になりかねません。「前金保証」は、こうした不測の事態に備えた前金保全措置https://numanhoid.com/security/
  


Posted by 元田 ひな at 13:39Comments(0)

2018年11月13日

買い得の土地とはどんなものをいうのだ

買い得の土地とはどんなものをいうのだろうか。結論は簡単だ。値上がり(キャピタルゲイン)の見込めるものか家賃収入(イソカムゲイン)の効率のよいものである。 お金のあり余った人は、別荘地でも買って値上がりを待ってればよいかもしれない。しかし、ローンを組んで不動産投資をする場合は、毎月そのローンを支払わなければならないから、なにがしかの所得がなければならないのである。いちばん望ましいのは、給料や他の商売のお金をもち出さずに、買った不動産そのものからの収益で賄うという形だ。https://brunooger.net/area/
  


Posted by 元田 ひな at 17:55Comments(0)

2018年11月13日

耐久性のある建物とは

建て替えの理山は建物の老朽化ばかりになく、設備回りの不具合や、ライフスタイルの変化に依ることも多いとは思いますが、何としても無駄な話です。建物が愛着の持てる建物で、ある程度のライフスタイルの変化に対応できる工夫がしてあれば、そして耐久性のある丈夫な建物であれば、決して15年や20年で建替える必要などないはずです。木材の寿命を長くするにはV針金を手で切るときは、同じ場所を何回も折り曲げたり、伸ばしたりを繰り返すと切れますが、これは、針金が繰り返して曲げられることで疲労して切れるわけです。木造住宅の軸組を構成する木材も、地震に依る大きな変形だけでなく、日常の風や床の重さ、人の動きなどで常に圧縮されたり、引っ張られたり、曲げられたりを繰り

耐久性のある建物とは
  


Posted by 元田 ひな at 09:11Comments(0)

2018年11月12日

根拠なし!日本の地価決定システム

物の価格は、需要と供給で決まっています。需要が供給より多いと値が上がり、その逆の場合は値が下がるのは誰でも知っていると思います。しかし、日本の土地の経済学的な根拠はあいまいです。 地主がみんなで「坪二百万円でなきや、売らねえ」と頑張れば二百万円だし、ちょっと日和って百五十万円だと言いはじめれば、百五十万円になる。

根拠なし!日本の地価決定システム
  


Posted by 元田 ひな at 12:56Comments(0)

2018年11月10日

リフォームは、骨太な家にするチャンスです

サブタイトルは「見えざる瑕疵」。では、ご一緒に2005年より一月へ。 わたしは検査員を待っていました。一月の晴れた朝。遠くからソリの音が聞こえてくるような年の瀬。仮説が試されようとしていました。竹島式マイホーム取得法。すなわち「既存住宅性能表示」で建物調査をして、新耐震の一戸建ての中古を購入し、直す部分に優先順位をつ

リフォームは、骨太な家にするチャンスです
  


Posted by 元田 ひな at 14:54Comments(0)